読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低い山々

盆地の中にはポツンと自分がいるような

それでいて、まだ何かやり残しているような

細い手を握りしめながら

涙が流れて来て

長いこと目を背けていた母を見つめた


あ.....何かが違う

痴呆の老人たちには

取材で嫌ほどあった

介護で苦しんだ話も

嫌になる程聞き

まとめた資料はテーブルの高さほど


それは老化ではないと気がついたのは

情けないことについ最近だった


自分に才能もなく

生きる価値もないと気がついた時に

ただ、ただ、自分から生まれた子供たちを

全力で育て、そして、自分の生きる意味は

そこにしかないと思っていた