発達障害の母

二十歳前の田舎出の娘に

心は純粋でも頭がちょっと足りないで

女のベッドの中での扱いが抜群にうまい修二

どう考えてもまともに生活できるわけはなかった

毎晩、陶酔して次の日なんかどうなってもいいようなセックスをする修二に

私が大学など見向きもしなくなる日は

あっという間にやって来た

修二が店に出れば修二のファンだという

女の子たちの取り巻きに嫉妬して

毎晩のように店に行き

レポートさえ提出すれば単位はもらえるからと

心配してやって来た恵子ちゃんを

追い返した


修二が普通の男だったら

とっくに破綻しているような毎日なのに

修二はただただ、私をひたすら愛してくれた


今でも、あの頃を思い出すと

まるで蜂蜜の中で溺れていたような

そんな毎日だった

発達障害の母

食費はかけない

服に興味はない

踊るのも黒服の格好で踊るから

人気があったんだし


そうなると、お金はすぐに溜まる


私は一緒に住んだらどんな風になるか

全く想像できないバカだった

今、思えば恋愛なんか全くしたこともなく

生真面目にセックスは子供を作るための

目的のようなものとしか知らなかった

もちろん、キスすらはじめての田舎から出たての女の子と

幼い頃からどっぷりと水商売の中で暮らし

女の体の扱いはプロ級の修二との出会いは

まじめに東京で立派な人間になって田舎の母からの呪縛をときたいそんな私を

あっという間にもっと、下の世界に

私を引きずり落とした


発達障害の母

修二はその頃興味があったのは

ディスコで踊ることだけだった

踊りはうまかったし、見た目もいいので

フロアボーイとしては足手まといなのだが

修二が女の子たちの間に入って踊るだけで

絵になったし

修二目当てに来る子も多かったらしい


でも、他に興味があることなんか何もなかった

食べ物もほとんど食べない

これは、私の母もそうなのでよくわかる

食事には興味がなくて、

世の中が人間は三食食べるものと

決められているから、そうしなければ

まともじゃないんじゃないかと不安になるから

食べるのだ


出来るだけ普通に見られたと思って生きている

だから、興味の対象が踊りで

そのことで褒められるとものすごく頑張る


お金には不自由していなかった

今まではお金が貯まった頃に

母親がフラッと現れて持って行ってたらしい

発達障害の母

修二はもちろん青学の

大学生なんかじゃなかったし

話を聞けば、いや聞かなくても

中学ほどの勉強の知識もなかった

母親とそんな生活をしてきたのならば

勉強をしなければならないなんてことは

人生の中で全くないのだ

ただ、生きていかなければならなかった

勉強どころか

母親にもっと、バカの真似をしろとまで言われて

バカであればあるほど

母親は男を捕まえやすくなっていたのだ

そんな境遇になったことはなかったから

安易に修二の母親を詰ることはできなかったが


私は修二の体に夢中なことを

誤魔化すように修二を

母親から話しておきたかった


発達障害の母

私の下宿は友人を入れてはいけない決まりだった

高田馬場の近くの下宿屋で、男子学生ばかりだったところを

無理やりに安さに惹かれて、入らせてもらったから

下宿人同士の交流すら禁止だった

修二は相変わらず、店で寝泊まりしていたし

私たちは夜の公園で済ますしかなかったのだが

そのうちに、修二が

 

「俺、部屋を借りられるくらいのお金貯めたんだ

一緒に住もうよ」

 

そう言い始めた

私は初めての男ってものに夢中にはなっていたが

修二に生活を脅かされることは良しとしなかった

東京に出てきた目的

貧乏な学生生活でも勉強を頑張って、いい会社に就職して

早く、田舎を断ち切りたかったのだ

発達障害の母

でも、修二は首を振る

 

「ううん。男は次々に変わるけど

いつだって僕がいないとダメなんだよ」

 

ああ、そういう風に考えるのか

私は自分が恥ずかしくなる

私には父がいて、母親はまがりなりにも

母親という役割をやらなければと考えていた

修二の考えるように考えられない私の気持ちが汚いのだ

最初は少しバカにしていた修二に畏敬の念を覚えるようになると

二人の間は急速に近づいていった

 

修二は母親が男と逃げている間に

施設の世話にならなくなると

ずっと、繁華街で暮らしていたらしく

今、考えると、女の子の体の扱いはものすごくうまかった

発達障害の母

父親は顔も覚えていない、物心ついたころには

いつも母親と二人だった

だいたい、東京の繁華街をうろうろしていた

母親はいつだって

 

「あんたはバカなんだから、もう少し

バカなふりをしときなさい

計算なんかできないふりしときゃいいんだよ

自分の名前も覚えられない感じで、わかった?!」

 

新しい男ができると、いつだって、バカなふりをさせられて

その男憐れみをかう役どころだった

そして、男と一緒になれると修二は施設に入れられて

男に逃げられて寂しくなると迎えに来る

そんなことが子供時代のすべてだったという

修二の子供時代の話を聞いていると

自分がどんなに幸せだったか、何も知らなかったと

泣きそうになる