発達障害の母

私は自分が彼女を連れて帰りたいわけではないし

この場所であったことは絶対言わないから

そう言って、あの店で買ったお皿を出した

 

「よかったら、これ、使って」

 

朋ちゃんは嬉しそうに包装を開いて眺めていたが

 

「あ~ちゃん、あそこの村の出身とは思えないね

なんか、東京に慣れてるし

あそこのお店でお姉ちゃんが、酒におぼれていた時に

会ったよね?

お姉ちゃんはろくでもない人間だったけど

怒りもしないで、偉いなって思ってたんだよ

お姉ちゃん、あん名だから、嫌がられるに決まってるよね

お姉ちゃんのこと聞いてるんでしょう?」

 

「うん、まぁ。あの村だと何でも耳に入ってくるし」

 

「ううん。知ってくれているなら話が早いからね。

私ね、たぶん、お姉ちゃん、あの旦那に殺されたんだと思う」

 

「え?」

 

「だって、お姉ちゃんが発見されたとき

下着が絶対、お姉ちゃんのものじゃなかった

お姉ちゃん、絶対にああいうのは身に着けないもの」

広告を非表示にする