読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

「それで、その足元に離婚届の紙が落ちていたんだ

もちろん、旦那のサインいりのさ」

 

ネコが

 

「それで、もめてるんだよ

お互い遺体を引き取りたくないってさ

俺が出て行って引き取って、何とか葬式出してやってもいいんだけど

それも、年寄りたちが、出しゃばらんほうがいいって言うし

まいったよ~」

 

私はそのことを聞いてかわいそうなあまり涙が出てきた

 

「あ~ちゃん、あいつは自業自得なんだぜ」

 

それはわかっている

私だって雅ちゃんは嫌いだ

でも、長年結婚していた旦那

子供はいないとは言え

みっちゃんちの後家といい仲だとは言え

それはないだろう

妹だってそうだ、何はともあれ、姉ではないか

そんなことをぐちぐち言いながら涙が止まらないでいると

 

雅ちゃん、村中にあ~ちゃんが帰って来てから

変な噂流していたんだぜ、そんな泣いてやんなくてもいいさ」

 

友くんが怒って言う