読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

「そんで、告白するつもりだったけど

言えないままだったってさ!

結婚相手は親が決めた人だったから

あ〜ちゃんに、どうしても

言いたかったみたいなこと言ってたからな」


私はびっくりしたが

もう、30年近く前の出来事だ


「でも、無理だよ

あそこの親が私を嫁になんか

するものですか」


それは、まだ、私が小学校の頃だった

学校でお腹が痛くなって

教師が自分の車で

星田医院に運んでくれた

みっちゃんの母親は看護師だったのだが

父親の医者が私に


「お母さんに来てもらおうか?

大したことないけどね」


そう言うと

私の目の前でその看護師の母親は


「あ〜ここの母親は気がおかしいから

呼んでも、薬にもならないし

この子もあの母親の子なんだから

ちょっと、おかしいのよ」


そう言った