発達障害の母

「あ、それは.....」


村のことなら私もこの村出身だ

東京なら警察沙汰になるようなことも

昔から知ってるからとか

あの人はお金があるから

村で何かあった場合はなんとかしてくれる

なんて理由で事件にはならないこともある

そういうことを振り回すような

正義感なんか全く持っていない


「大丈夫!私は何を聞いても驚かないから」


そう言ったが、それでも話そうとしない

すると、マスターがコーヒーを置きながら


「あ、それは、言いづらいだろう

あとは僕が」


そう前置きすると


「一範の相手は若い女の子だけじゃないんだ

いや、若い女の子に一範が行くときは

よっぽど日照りになった時で

村の好き者のおばさんたちが

こぞって一範の若い体を貪ったんだ」


「え!」


「それも70過ぎたばあさんもね

一範は女ならなんでもいいんだから」


困ったような顔をする恵子ちゃん

最初、私はま、あそんな話くらいは

私にとってはまぁ、あるかもしれない

レベルのことだと考えたが

目を合わせようとしない恵子ちゃんを見て

ハッとした


広告を非表示にする