読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

「俺たちもびっくりしたさ

あそこの父親がよそで作った子供だって

突然連れてきたんだよ

ほら、あそこの父親ってよく、県庁のある街に

遊びにいってただろ

あのあたりの飲み屋の女に

生ませたらしい

あの妹が中学生の時に、その母親ががんで死んだって」

 

この村にはまともな普通の家庭なんて一軒もないのだ

皆、何かを抱えている

そして、案外、そういうことを受け入れているのだ

 

雅ちゃんのお母さん、偉かったんだね

雅ちゃんと妹が差別されているなんて

聞いたこともなかったから」

 

「そりゃあ、俺らみんな、うんざりするほど

雅ちゃんには悩まされていただろう

あんなに性格の悪いわが子よりかわいかったんじゃない

結局、結婚もせずに雅ちゃんが出て行ったあと

家で、何かと親の面倒を見たのは妹のほうだったしな」