読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

久しぶりに友くんがコーヒーを飲みに来ていた

手広く農業をやっている彼は忙しい時期は

コーヒーを飲みに来ることすらできないくらいに

大変らしい

 

「久しぶり!忙しそうね」

 

「いや、人手がないからね

長いこと手伝ってくれていた人たちは

いいかげん年取ってきたから

力仕事はもちろん草むしりすら大変だし

若い奴は肉体労働はしないからね

まぁ、絶対数も少ないけど

家族で目一杯やるしかないから

息子の嫁とかがかわいそうだよ」

 

「そう、でも、お舅さんが優しいから

うまくいってるんじゃないの?」

 

友くんは嬉しそうに

 

「まぁな!しかし、孫がなかなかできないから

母ちゃんが気をもんでさ

梅雨が来て、ちょっと、暇になったら

ハワイにでも若い者二人で行かせよう

なんて言い出して、そのための貯金だとか言って

俺の小遣いへらしやがった」

 

そんなことを嬉しそうに話す友くんは平和だ