読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

母が発達障害であるのは間違いない

子供たちの幸せのために何ができるかと考える

キャパがないのは仕方がない

何かと覚えられないのは仕方がない

おいての心を読んで忖度できないのも仕方ない

そうどんなに思っても、どうしてもいらいらと悔しい思いになる

 

そして、そこがこの村独特のそんな空気とあいまって

もっと、母やこの生まれた土地がいやになる

 

母は乏しい知識をこの村ですべて手に入れている

それならば、母のやっていることはこの村的には

正しいのだ

母の出て行った玄関を見ながら

今の世の中でこんな世界がまだあったことに愕然とする

まるで2チャンネルのように閉鎖されたような社会

しかし、2チャンネルと違うのは、そこに知性のかけらもない

ということだ

 

すぐに東京に逃げ帰りたい

ここには二度と戻ってきたくはない

そう思うだけ思ってあきらめた

やはり、母は一人にはできないから