読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

「楽しかった?良かったわね~

子供のころからの親友っていいわねぇ~」

そんな風に機嫌を取ろうとする

私にしてみれば、今、話を聞いてみれば

友くんもネコも私が子供の頃悲観していたような

ひどいことは思っていなかったし

かなり同情してくれていたの知ったのだが

当時はただただ、母親がコンプレックスで友達なんかいなかった

今でこそ、多動や漢字が覚えられないのは発達障害のせいだし

大人でも普通に社会生活を営んでいても、何かと障害がある

人間はいるって認識されてきているのだが

昔は本当にそんな風に考えてくれる世の中ではなかった

 

まぁ、今でも雅ちゃんはそんな目でしか見ないから

彼らほどかわいそうだとは思えない

親友だとか簡単に言わないでほしい

そんなことを考えつくほどの能力はないと

わかってはいてもいらついてしまうのだ