読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

そこに新しい客が入って来た

農協の若者たちに声をかけると

農作業用のつなぎの格好で

カウンターに座る


あっと私が気がついた時に

向こうから


あ〜ちゃん、母ちゃんの世話に帰ってるんだってな!このくらいの時間にはここによくコーヒーを飲みに来てるって聞いて、俺もたまにはコーヒーをでもと思ってよったんだよ

年取ったなぁ〜!」


「あ、友くん?

失礼な、あんただって禿げてるじゃん!」


友くんは小学校の頃

身が軽くて、この村では一番の運動神経だった。

親は川から石を切り出して商売をしていた気がする。小柄でちょこちょことしていた印象で可愛い印象の子だった。

結構仲が良くて、遠足の時なんかは

おやつを分けあったりした思い出がある