読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

夕ご飯が終わると、弟はテレビを見て

私はこたつに首まで浸かって、本を読む

テレビを見ている弟は許せても

寝そべって本を読んでいる私は

母から見たら女の子のくせに怠け者ということで

片付け物をしながら、何かとぐちぐち言われた

母親の言うことを聞かない子供は悪い子供だという

認識はあったが

本の面白さに母親の手伝いをする気にはならなかった

 

子供を持って、子供の小学校受験や中学受験に奔走した

私が今、思うに小学校三年くらいで

かなり難しい本を読んでいた私のことを考えると

手前みそで、かなり恥ずかしい話だが

自分の子供がこの年で、あのような本を読んでいたら

嬉しくて、勉強の心配などしなかったかもしれない

しかし、その当時の私はその本を読むことは

世の中で一番の怠け者のすることだと

怒られながら、心の中でも悪いことをしている子供だと

いやな気持で本を読んでいたのだ