読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

「東京のあ〜ちゃん

水を得た魚のように生き生きしていて

アパートの前でちょっと見かけただけだけど

ちょうど外車で彼氏が迎えに来ていて

遠くから見ても、この村の呪縛から

解き放たれたように見えたって、

それを見たときに田舎の医者の息子なんか

あ〜ちゃんには何の興味もないだろうな

そう思ったって」


私はそれを聞いて学生時代を思い出した

その頃は自分と他の学生、東京に住んでいる人間達とのの格差を知って

とにかく焦っていた

自分の能力なんてたかがしれているのを知っていたから、自分が東京で一気に格差を埋めるには結婚しかないと感じていた

それならば同じ大学のおぼっちゃま達をだますしかないと、焦っていた頃のことだ

アパートまで外車できてくれるのは、有名デザイナーの息子ではあったが、、愛人の子だったと、思い出す