読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

雅ちゃんが帰って行くと


「助かりましたよ〜

あの人、最近は愚痴を言っては

酔いつぶれて、合間に僕に

相槌をもとめるから

知らなくていい話まで知って来ますからね

田舎に、こう言う店を出すときに

そういう田舎の揉め事には

絶対にタッチしたくないって思っていたのに

彼女が毎晩のようにここで酔い潰れるから

すっかり、あそこのマスターと

怪しいなんて言われていますよ」


私が笑いながら


「大変だと思うわ

あの人も苦労したのね」


そんなことをしんみり話すと


「はははは!

大丈夫ですよ

あんなこと言ってましたが

あそこのお舅さんは

彼女がいじめ殺したって評判ですよ」