読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

コーヒーは美味しかった

県庁のある街でサラリーマンをしていたが

コーヒー好きが高じて、どうしても店を出したくなったマスターが

古民家をただ同然に買い取って、趣味で始めたのだ

私よりも10歳は若い、サラリーマン時代は仕事ができたであろうが

今は田舎のおっさんだ

私が入っていくとすぐにいつものやつを入れてくれる

私はカウンターに座りながら

その一番端っこに座っている女に目をやって

声をかけようかどうか迷う

たぶん、小学校の同級生だ

ここに来はじめてからすぐに気が付いていたのだが

彼女のほうがたいがい、昼からウヰスキーを飲んでいて

誰とも話したくないように俯いている