読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

朝、5時半に起きると

母のベッドはからだった

母が起き出したことに全く気がつかなかった

自己権をに落ちながら

無駄に広い家の中を探す


この家は私が生まれた家ではあるが

私が生まれて16歳まで生活した場所は

この家のごく一部で

その狭い空間で家族四人が

今ならパワハラと言われそうな

父の言葉に怯えながら暮らしていた

父のために少し弁解すると

この地方の田舎では

当時、それはわりとごく普通のことだった


今になるとそのパワハラはほとんど

母に向かっていたものだと気がつき

すぐに酒に逃げていた父のジレンマにも

気がついた


その小さな家は

私が30年ぶりに帰って見た時

立派な大きな家になっていた

昔の家は廊下で繋がる離れのようになっていて

その横に昔ながらの一部屋八畳の

天井の高い立派な部屋が4部屋の平屋が

できていた