読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

私は苦笑いしながら


「う〜ん、子供だったからわからないけど

そんなことがあったとは思えないくらい

隣のおばさんには可愛がられた

それに、お隣限定じゃなくって

誰に対してもそういう類のことをしていたわ」


「でも、それって、

発達障害とは違うと思うけどなぁ.....」


「うん、でも、親を尊敬できない

子供時代を送るのは、つらいことよ」


吉川はそんな親子関係があることは理解できるが

それが友人である私のこととは

考えられない、そう、言いながら


「だって、あなたは違うでしょう?

それならいいじゃない」


そうだ、今まではそれでよかったのだ

子供はできるだけ母親には会わせない

子供が母親と二人きりにならないよう

必ず、私がそばにいるようにしていた


小さな幼稚園くらいの頃は

なんて、母親だと呆れていたし

そんな母親を幼稚園児ながら

少し軽蔑していた