読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

「ちょうど、みんなでお箸をつけよう

ってする時に

隣の家のチャイムが聞こえてくると

立ち上がって家族の目の前で居間の窓を開けて

誰が帰って来たかとか誰が訪ねて来たかとか

わざわざ見に行くのよ

そこまでは、まぁ

いや、そこまででも

ちょっと子供ながらに『えっ』て思うのに

近所のおばさんが訪ねて来ていて

それから隣のおばさんと話しでも

始めようものなら

もう、夕ご飯も忘れてその話に

聞き耳をたてるのよ

家族のほうに「しずかにしてて!」って

言うように、唇に人差し指を当ててね」


吉川は少し笑いながら


「でも、隣近所の人間関係に悩んでいたとか

そうせずはいられないくらい

近所の人からいじめられていたとか.....」


私はお隣のおばさんを思い出した

私にはいつも優しい人で

そこには中学生くらいの

お姉さんがいて、

私はそのお姉さんが大好きで

お泊まりしたりもしていた

そんな時のおばさんはいつだって

優しかった

いじめている母親の子供なんて思ってもいなかっただろうし、子供ながらに母につらくあたっているなんて考えられない