発達障害の母

数日後、いつもの喫茶店でネコに会った

 

「ああ、なんか、恵子が感謝していたよ

さっそく週に三日塾に通うことにした

まぁ、恵子にしたらこの村では心配なことが多いし

樹奈がやりたいって言ってるし

ありがとう」

 

「ああ、うん。

まぁ、樹奈ちゃんのためにやれる環境にあるんだから

本人がやりたいって言うんだったら

いいかもね」

 

「一範のこと、聞いたんだろう?」

 

「うん。びっくりしたよ。

でもあの子のせいじゃないよ」

 

「ああ、男どもはかみさんを寝取られるから

あんな奴に人権どうのって言うなよ

なんて言うけど、どっちかって言うと

女たちのほうに問題があるんだけどな」

 

「うん。そう思うよ。

でも、おばさんたちは仕方ないにしても

若い子はちょっと、かわいそうなんじゃないの?」

 

「レイプされたなんて騒いでるけど

ほんとは違うんだ

どこでも、そういう男好きっているだろう?

中学生くらいでもさ」

 

ネコは吐き出すように言った

村長の仕事はこの村を裕福にすることそして、みんなをうまくまとめること

そのことはネコには才能があったと思うし

やはり、代々村長の家ってやつはみんなに示しがつく

しかし、この田舎独特の性ってやつには

お手上げなんだろう

 

広告を非表示にする