発達障害の母

これが偏見なのもすべての発達障害、知的障害のある人に

当てはまるわけじゃない

ただ、母は自分以外の、

いや、自分がそういう種類の人間であることに気が付いていないが

自分以外のそういう種類の人を嫌い馬鹿にする

それなのにその、一範を相手にするってどういうこと?

いや、相手にしてもらうってどういうこと?

 

家に帰りつく前に私は自分の心を落ち着けないと

到底、母に会うことはできないと思った

子供の頃好きだった千枚田の丘

今頃はだれも農作業はしていない

すごい太陽が照り付けて、立っていてもめまいがしそうだ

小学校に上がる前の私は母は嫌いだったけれど

母のことで悩むことはなかった

ここに来るのは、ひたすら誰にも邪魔されずに

独り言を言いたい時だった

独り言はただ、自分が知っている限りの夢とか

絵本で覚えたばかりの言葉

それを心置きなく口に出すことが楽しかった

広告を非表示にする