発達障害の母

もう、人にアドバイスなんかできる立場になんかない

そんな思いに駆られて、そのあとの話は上の空だった

 

「あの、問題は学力なんですけど・・・・・」

 

「ああ、それは、やっぱり塾にやらないと

ほら、ここから車で45分のあの市なら

そういう塾もあるから、まぁ、送り迎えは大変だけど

親が教えるよりもそのほうがいいと思うよ

ネコも恵子ちゃんも中学受験の勉強はしたことないでしょう?

ちょっと、特殊なところがあるからね」

 

そこまで話すと、私はそそくさと席を立った

恵子ちゃんはありがたそうに礼をしてくれる

それが、また、つらかった

広告を非表示にする