発達障害の母

あ、父は何年前に亡くなったんだっけ?

すぐにそう考えた

ああ、そう言えば母が

今の私と同い年くらいの歳だ

それから、ずっと一人


この二人の話方や目つき

そして母の私が子供の頃

父以外の男の人や若い男に対する態度

もしかしたらそうなのかもしれない

その淫乱ババァの中に母も入っているのだ


私はかろうじて体制を立て直して


「あ、そうなんだ

それで、誰も問題視しないんだね」


なんとかそれだけ言って

母が一範って人のことを話した時のことを

思い出した


もう、私は母の全てを許す気でいたし

すっかり許していると思っていた


親戚が集まる飲み会

母は父以外の男のたちに

お酒を持ってついで回る

もちろん、気の利いた女の人は誰もすることだ

でも、そこに女の匂いを小学生ながらに

感じたものだ



広告を非表示にする