発達障害の母

しかhし、恵子ちゃんは乗り気で


「樹奈も連れて行きました

制服が気に入ったみたいだし

なんか、みんな洗練されていて

私もこんな学校で勉強したかった

そう思えるようないいとこでした」


「ネコは?」


「主人は女子校っていうのが

気に入ったみたいで

これから、ここの中学だと

やっぱり心配だから....」


私にはその意味が単純に思春期の悩み

そうとしか考えつかなかったのだが

母が突然、隣の部屋から出て来て


「あの、障害持ちの一範だろ?

村長はあれを最初になんとかしたほうがいいよ

もう、7、8人やられているよ

この間なんかは新家の若いヤンキーみたいな

金髪の嫁さんがやられたらしいね

まぁ、あんななりしてれば、仕方ないけど」


広告を非表示にする