発達障害の母

「お母さん、ポイント

もう一度調べて見たら

もう少しで五百円って言ってたでしょう?」


そう言って追いやった

恵子ちゃんはとりあえず

樹奈ちゃんと学校を見に行くことにした


母は最近恵子ちゃんがよく来るのを喜んで

学校の相談に来てるのを知ると


「ここら辺の子はみんな、あそこの中学に行くんだろう?なんで、あんたに相談してるんだい?」


「ほら、うちの子供たちみたいに

私立、わたくしりつの学校に行かせたいみたいだよ」


「え?あんたんとこって、そのわたくしりつってとこに行ってるの?中学をかい?」


私はと当時小学校に合格した時に話したのだが

案の定、何もわかっていなかった

広告を非表示にする