発達障害の母

「見た目だけではわからないんですね

私はあんまり噂でしかわからないくらい

御宅のお母さんは村の人たちが

少しオーバーに言っていて

実際話すと普通の人にしか思えないんだけど」


そうだ、もう、私たち世代くらいは

よっぽど母と深い付き合いをしなければ

そんなにわからない

母自身もなんとか上っ面は誤魔化す

すべを身につけている


しかし、小さい頃学校で一緒だった

祖父母世代はよく知っている


学校でみんなと同じようには

教科書も読めないし、字も書けない

そして、青春時代

これぞと見つけた男には体をぶつけて行くように

つきまとう


うちの父はその誘惑に負けて

結婚してしまった、と言ってもいいかもしれない


「そう、だから、弟と二人

私たちは将来を考えるなんて

全くなかったし

父もそうだけど、母から逃げることだけ

考えていたのよ

広告を非表示にする