読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

朋ちゃんはこの人のことが好きであこがれていたのだろうか

ここの住所をあの暗い家において来たのは

そんな憧れがあったのだろう

 

「その女の人は何か買っていきましたか?」

 

「ううん、値段見てびっくりしたみたいで

そこのお皿ほしそうだったけれど

後ろ見て慌てて置いて帰ったのよ

見るからに田舎から出てきたばっかりみたいで

ちょっと、かわいそうになったけど

ここのお皿はその価値があるからその値段なのよ」

 

まぁ、この人はバラエティでも辛口コメントが売りの人だけど

実際の性格もそうなのだろう

私は朋ちゃんの気持ちはよく分かった

お皿はまぁ、一枚6000円となると、

あの田舎の村の感覚で言ったら高いと思うのは仕方がない

私はそれを買ってプレゼント包装してもらい

 

「西新井のどことか言ってませんでしたか?」

 

「ううん、ごめんなさい、私もそれ以上は興味なかったから

何か訳ありなの?」

 

私は首を振ってそこを出た

そして、まっすぐに西新井に行く