読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

「友くんの母親と雅ちゃんの母親じゃ人間が違うからね

雅ちゃんの母親の面倒を見なきゃならないとなると

友くんもうんざりするのは当たり前だよ

おばさんとはいえ、人の面倒なんか見たかないよね」

 

は?私は母のことはよく理解しているつもりでも

こんな風に自分は全く関係ないみたいなことを

したり顔で言われると何か投げつけたくなる

私はいったいここに何しに帰っていると思っているのだろう

母はずっとそばにいなきゃいけないほどボケてはいない

いや、若いころからボケているのだが

それでも、これまで父が死んでから

恥もすべて村中に垂れ流して生きてきたのだから

私は次の朝、一番の飛行機で東京に帰ってきた

少し頭を冷やしたほうがいいのは私のほうだ