読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

「みんな心配してるんだよ

出稼ぎって言ってもお金も送ってこないらしいから

ネコはあそこの親に探してくれって頼まれているのさ

連絡もしてこないらしいし」

 

雅ちゃんの妹はここで何度か見かけたことがある

雅ちゃんに似ていたが、もうちょっと、常識もあるように見えた

中学までの間に会った記憶が一つもない

ネコの奥さんの恵子ちゃんみたいに美人じゃなくても

五つくらい下まで、狭い村だからよく知ってるはずだ

 

「ねぇ、私、雅ちゃんの妹の記憶が全くないんだけど

なんでだろう?そんな離れてないよね?」

 

「ああ、あ~ちゃんは知らないはずだよ

雅ちゃんの妹は中学の時に突然現れたんだよ」

 

「え?どういうこと?」