読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

友くんがおっかぶせるように

 

「頭も悪けりゃ、才能もないし

顔も悪けりゃ、性格もダメ

だから、心配なんだよ

家を継げば苦労しなくても

とりあえず食べていける

親がやったとおりにしてればな

それがこの辺の爺さんや婆さんの考えさ

まぁ、今はそれじゃ先細るだけで

親の言うことを聞いて、家を継いでも

才覚がなけりゃやっていかない」

 

そうだ、この村はそんな風だった

 

「うちはもう、母でおしまいだけどね

弟と私が家を出て東京にいくことを

反対されなかったのは、父のおかげだわ」

 

「まぁ、あ~ちゃんちは特別っていうか・・・・」

 

そうだ、この村では特別だったから

姉弟二人とも都会に出て好きにできたのだ

父は母と結婚した責任を取るつもりで

すべてひっかぶってくれた

母のことで何か言われて私や弟が落ちこんでいると

 

『すまんな・・・・』

 

私たちが落ち込んでいることなんか

まったくわからない母に代わって父がぽつりと言ったものだった