読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

次の日、店に行ってみると

珍しく友くんは来ていなかった

 

「何かあったのかしら?」

 

コーヒーを頼みながらマスターに聞くと

 

「あの、雅ちゃんが自殺したって」

 

「え?」

 

私は立ち上がって、行かなきゃと思ったが

すぐに、いったいどこにって思いなおした

この村にも戻ってきて、ここ以外にどこにも顔は出していない

それに、私は雅ちゃんの自殺を悲しんではいない

もう一度座ると

 

「知らなかったわ

うちは村の人の中ではハブられているからね」

 

マスターは

 

「いや、僕も新参者ですから

客で来ていた雅ちゃん以外は知りませんからね

どうしようもないんです

まぁ、ここだけの話ですけど

彼女、あんな感じだったでしょう?

仕方ないっていうか、実家に帰ったって

あの妹の話では居場所はなかっただろうし」