読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

ネコはさすがに村長だ

雅ちゃんが一人になってからも

ちゃんと食べていけるように

仕事を考えてあげている


「いや、ありゃ、仕事なんてできる

状態じゃないぞ

子供もできなかったし

旦那にベタ惚れだったから

立ち直れないんじゃないか」


そんな話をして帰る

雅ちゃんの幸せなんか私には関係ないけれど

やはり、同い年だから

彼女のこれからを思うと心配になる


母は私が帰ると最近、私の機嫌をとる

母の知的障害はわかっているのに

どうしても何かと厳しく言ってしまう

私が悪いのだ

それでも、普通に食器の始末や

洗濯、掃除がまともにできないところを

目の当たりにすると

この80年近くどうして成長することなく

生きていることができるのかと

イライラしてくるのだ