読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

ネコは笑いながら

 

「俺だって、あんな爺ちゃんや父ちゃん

恥ずかしいだけだったよ

子供のころは村の誰彼に爺ちゃんが余計なことを言ってるのを

見るたびに、穴があったら入りたかったよ

あ~ちゃんだけじゃないさ」

 

「ま、いいじゃん

二人とも死んじまったんだからさ

あ~ちゃんは苦労しに帰ってきたようなものだけど

もう、みんなわかってるし

あ~ちゃんも東京で立派にやってるって

感心してるからさ」

 

友くんもずいぶん優しい

 

「そういえば、雅ちゃん、いよいよ

追い出されるらしいよ

雅ちゃん、妹から慰謝料を絶対もらえって言われてるけど

そんなの絶対出すいえじゃないからなぁ

雅ちゃん、実家かえるしかないよな

もう、この年じゃ仕事もないし」

 

と、友くん

 

「あそこの旦那、うまいことみっちゃんの後家さん

捕まえたからな~

まぁ、あの家の爺さんのこと考えたら雅ちゃん

いい嫁ではなかったしなぁ

あ、そういえば道の駅でレジの仕事でもやってもらえると

いいんだけれど」