読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

すると、ネコはおもむろに

 

「あ~ちゃんは、何かと苦労しただろう?

でも、俺たちみんな、あ~ちゃんはあ~ちゃんだって

思ってたんだぜ

子供のころは親の噂話とか

子供に聞かせちゃいけないなんてこと

思う大人はほとんどいなかったからな

俺、あ~ちゃんのことは尊敬してたんだぜ

みっちゃんが賢いのは医者の子だから

当たり前ってみんな思ってただろう?

小学校六年の時なんて、都会の大学生のいとこが来て

勉強教わったりしてたしなぁ

あれは、中学受験のためだったんだな

あの頃、中学で国立とか私立とかあるなんて

知りもしなかったからなぁ

あ~ちゃんは図書室に籠って、本ばっかり読んでたし

みっちゃんよりか頭がよかったしなぁ

でも、なんとなく、それを受け入れないみんながいただろう?」

 

二人が言わんとしていることはよくわかった

だから自分から言った

 

「母親があれだからね

そういえばみっちゃんのお母さんにはかなり

きついことを言われたことがあるよ

でも、村の中で母を一番ダメだって思ってたのは

私自身だったから、気にしなくっていいよ」