読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

「馬鹿言えよ!

俺、結婚したの30の時

恵子は24だぞ!めちゃ普通!」

 

私は一瞬にタイムマシーンであのころから戻ってきた

 

「だって、恵子ちゃんって一年生の時の

天使みたいな時しか知らないから

そうだよね、大人になってるね」

 

そう、言って三人で笑う

 

「ネコんちが大変な時に支えたのが恵子ちゃんでさ

顔だけじゃなくってホントの天使だったわけ!

そして、今は息子がネコの子供とは思えない

イケメンで村中の女の子が狙っているんだ」

 

友くんが言うと

ネコは照れたように

 

「いや、嫁さんに似たからさ」

 

それはそうだろう!

今横にいるネコは人のよさそうな田舎のおっさんだ

 

「それに、こいつが頑張って家も元のような

分限者に戻ってるし

村長だしなぁ、村の娘たちが騒ぐのも

無理はないってことさ」

 

ああ、それで、つうちゃんは娘を嫁にと

野望を抱いているのか