読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

母の言葉を文にしようとするから

こんなふうにある程度は

わかりやすくなるのだが

実際は主語述語はめちゃくっちゃだし

自分の目的である話をする途中で

別のことを思いついたり

別のことが目に入ったりすると

話は無茶苦茶で

四六時中そばにいる私でも

よくわからない話をするのだ


それだけでもイライラするし

こんなふうに

知的障害があるからといって

心が綺麗かといえば

そこが1番の問題なのだ


小学校うち年線の子どもにだって

優しい子供もいれば

意地の悪い子供もいる

大人になるに従って

こんなことを口にしたら

失礼になるなんてことは

覚えていくのだが

母にはそれはない

そして、新しい語彙は絶対に覚えないし

すぐに忘れるのだが

子供の頃覚えた汚らしい言葉は

忘れずにすぐに使うのだ