読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

それが、ある夏休みに

中学生の男の子を

誤診しちゃって、大病院に送るのが

遅れたものだったから

その男の子は命を落としてしまったのだ

村の人は誰も彼を責めなかったし

その男の子の両親すら

仕方がないことと諦めたんだけど

みっちゃんはそのことで自分を責めて

一人、国境なき医師団に入って

シリアで戦闘に巻き込まれて

亡くなったそうだ


「そうだったの、なんかみっちゃんらしいね

子供はいないの?」


「うん、あそこのおじさんとおばさんも

割と早めに亡くなって

奥さんが一人ずっと、ここに住んでいるんだよ

元、看護師だけど、あそこの全財産を相続して

優雅に暮らしているよ」


ああ、それで、雅ちゃんの旦那と何かと

あるってことか

そういう顔をしたのがわかったのか

友くんは


「うん、雅ちゃんの旦那は

雅ちゃんを捨てる気満々!」


そんな話を聞くとみっちゃんの人生って

なんだったんだろうって悲しくなる