読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

雅ちゃんとそこの強欲婆さんの話は置いといて

私はみっちゃんの話が聞きたかった


「みっちゃん、頭、良かったし

性格も良かったのに

やっぱり医者の不養生?」


すると、友くんは


あ〜ちゃんに会いたかったと思うよ

あ〜ちゃんがあの大学行く前の春休みに

あいつの追っかけをしていた時に

一番、さみしそうで心配してたのが

みっちゃんだったからなぁ

あ〜ちゃんも少しはみっちゃんのこと

想っていたんだろう」


私は心から驚いた

みっちゃんは私なんか歯牙にもかけていない

そう思っていた

村ではうちは、少し下のような目で見られていた

父は一生懸命だったが

村の人は残酷だ


父が村のためにどんなことをしても

私が勉強がどんなにできても

まともに相手はしてくれない


だから、村で一番の王子様である

みっちゃんなんか私からは

そんな対象に想うのも恐れ多い男の子だった