読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

それから友くんは

私が行くくらいの時間を

見計らってコーヒーを飲んで待っている

ちょうど、その時間が農作業の

休み時間でもあるらしい


「ねぇ、あの星田のみっちゃん

あの人死んだんだって?」


すると、昨日の村の女たらしだった

彼の話とは全く別人のように


「ああ、そのことか.....」


そう言ってしばらく黙った


「ここに帰ってきて、雅ちゃん

一番に会ったのよ

そしてら、そんな話を聞いたから」


雅ちゃんか、そう言えば

夜になるとここで飲んだくれているんだって

マスター?」


友くんがマスターに話を振る


「ええ、まぁ

最近は妹さんが迎えにくれば

大人しく帰りますけどね」


「ああ、慰謝料をもらうためとか

噂になってるよ

雅ちゃんに裁判にかける勇気はないだろうし

あそこの婆さんが一円でもだすもんか」