読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

今日は珍しく若い人が多かった

この、小さな村で若い人を見ることは

ほとんどない

このカフェでも通りすがりの

ドライブの途中の若者は

たまに見かけるが

今日の4、5人はなんだか地元っぽい


「マスター、あれってここの人?」


「ああ、役場の若い職員

月イチくらいに皆んなで

昼飯あとに来るんだよ」


そう、言いながら忙しく動いている

彼らはコーヒーではなく

街のスタバのようなメニューを

頼んでいる

この店にそんなメニューがあるのを

初めて知った


「今度の春祭り

農協の若いやつらも

手伝ってくれるって」


そんな会話が漏れ聞こえる