読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

私は穴があったら

入りたいくらい真っ赤になる

小学校中学、そして、

高校は算数ができなくても

入れるような高校に行った雅ちゃん

今の今まで心から軽蔑していたのだが

一瞬にして私の方が

ドット、底辺まで落とされた気がした


「ああ、ごめんなさい」


「いいけどな、別に

うちらんとこには子供ができんかったんや

それで、ばあちゃんにはいじめられるし

旦那は浮気するし」


「若いうちに離婚すればよかったのに」


マスターが気の毒そうに言う


「でもね、うちの旦那は

他の女にも上手いことしか言わないけど

うちにもそうなんや

『子供なんか、いらん

お前さえいればいい』

そう言われると

どんな女が乗り込んで来ても

どんなに外で遊ぼうと

許しちゃうんだよ

それに、旦那から今まで

離婚を切り出されたことはなかった

っていうことはどんな女より

うちが一番大事ってことやろ?」


うんうんと頷きながらはなしをきく