読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

そんな高尚な場所から

今の母のところに来たのだから

かなりのストレスで、一日に一時間くらいは

毎日、田舎にある喫茶店にコーヒーを行く習慣ができた

母はコーヒーの匂いも嫌いだから

一時間、コーヒーを飲みに出るのは

唯一の私が自由になる時間だった

 

東京のカフェでお茶をするのに慣れていた私にとって

田舎のその喫茶店は、昭和そのものだった

それでも、私がここにいる頃はなかったのだから

この小さな村もずいぶん変わったものだ

この辺りは近くに有名な観光地があることで

車で通る人たちがたまに、この田舎の喫茶店に寄って行く