読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

できるだけ母に寄り添い

一緒に静かに世を送る

そう思って帰ってきたのだ

主人の義母との最後の日々はそんな感じだった

義母の横で暮らしているだけで

それまでの人生のつらさや幸せだったことが

もう、遠い出来事として流れていて

そこから人生がなんであるかが言葉にせずとも

私に流れてきた

義母の台所は私のあこがれだった

それはお金がかかっているとかではなく

古くてよい台所の道具を大切に使っていて

そこから出来上がってくる食事に

心が躍るような気持ちにさせてくれる台所だった

家事の一つ一つが丁寧で家族のことを思っている

その短い日々は私も最後はこんな風に・・・・

そう、思わせてくれる最後だった