読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

最近では空気が読めることを

実はそんなにいいことではない

そんな風に言うようだが

本当に空気が読めない人の困るところは

道徳的に間違っていることを

平気で言ったりするところだし

誰かが傷つくことを気にもせずに

ずけずけとみんなの前で言うようなことは

空気が読めたほうがいいと思う

言うべき正しいことを空気を読まずに言うのは

大事なことではある

正しいことを空気を読まずにいう人は

たぶん、人から嫌われたり

厄介者扱いされることはない

母の場合、まず、それはない

いつだって、そんなことを人前でいうのは

人間としてどうかと思うようなことを

さらっという

 

母は犬はもちろん、猫もだし

動物全般が大嫌いだ

もしかしたら自分以外の誰も愛せないのかもしれない