読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

人のせいにしてはいけない

子供たちにはそう言いながら育ててきた

私は私が今の私であることを

母のせいにはしたくはないし

母のせいではないといいたい

ただ、ただ、この母親でなかったら

その気持ちはどんなに消そうとしても

心に浮かんでくる

 

小学校のころ

男好きの母親を持っている友人がいた

だからと言って、その子は不幸ではなかった

そこも男好きで

小学生のくせに、すぐに男子を暗い所に呼び出しては

二人きりになりたがっていた

親はいろいろだ

親と一緒ならば幸せなのかもしれない

教師が個人面談でその母親に子供の男好きを指摘すると

その夕方にはその男の教師と

その母親が村を歩いているのを

誰もが目撃して

ものすごく親密そうだったと

私は小学生の時に母親から聞いた