読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

たぶん、それは発達障害のせいではないだろう

発達障害であったとしても

素直でいい人ならば、家族三人はもっと、母が好きになっただろう

素直なのは確かだ

史跡巡りよりも買い物が好きで、知的なことには興味がない

それは口に出さなかったがよくわかって、みんなで何となく意をくんだ

でも、それが母のためだとは本人は気が付かない

 

そして、結局、理想的な家庭は父のパチンコ好きのせいで

とても無理だと考えていたりする

 

ご飯を作るのは苦手

でも、それだから父が手を出すのには傷つくし

料理が自分は下手だとは気が付かない

父も私も母の傷つくようなことは言いたくなかったし

弟は母に似て味音痴だ

しかし、弟は一番小さくて素直に感想を言うから

弟の「おいしい」を信じて

一生懸命料理を作る

一生懸命なのはいいことだろうが、さすがに毎日まずいのは

うんざりする