読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

それで、家族で近くの史跡巡りは

車が来て最初の一年くらいでなくなった

その代わり、その頃地方によくあった

少し郊外の大型スーパー

一週間分の買い物を家族でやる

母はそれが大好きで、それに行くことが

日曜日の目的となった

父は買い物には興味がないので、母が買い物をしている間

近くのパチンコに行くようになり

私と弟は買い物についていくのはうんざりなので

家で留守番というパターンになった

こんな風に、その当時の家族の理想の形に

母が一番やりたがるのだが、母のせいでたいがい

家族でやることは潰れていった