読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

そんな中、父は軽自動車ではあったが

家族四人が乗れる自家用車を持っていた

それに乗って休みの日に家族で出かける

 

ただ、母は時間までに何かを手際よくできはしない

だから、母親が化粧が終わるまで

車の中で三人でイライラして待っている

父は母が発達障害だとは知らなかっただろう

それでも、普通の人とは少し違っていて

とにかく困っていつもイライラしていた

あの当時、発達障害なんて誰も知らなかった

 

父親は酒さえ飲まなければ

まぁ、まともで知的な人でもあった

歴史が好きで、家族で出かけるのにも

地方のそんな場所に行きたがった

母も家族でそういうところに出かけるのは

後で近所の人に話すには自慢になるとは思っていたようだが

少しも楽しそうでもないし

まともに、そんな史跡を理解しようとはしなかった

いや、理解できなかったのだ