読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

こんな母と一緒に生活していくうちに

最初は母にイライラした

「料理をする台所の調理台の上で

髪の毛を溶かすのは、とりあえず、やめて!

化粧は長年そこでしているんだから

仕方ないとしても、髪の毛は別のところでとかさないと

料理に入るでしょう?」

 

母の料理には三日に一回くらいの割合で髪の毛が入っている

 

その場では

「そうね、ほんと、そのとおりだわ」

気持ちよく、そう、答えてくれるが

次の日にはまた、同じように髪の毛をとかしている

 

そんなことの繰り返しにイライラした

しかし、それはそのうちにあきらめに代わり

笑うしかないという気持ちになる

そして、次には自分の人生の全否定が始まる