読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

その少女はなぜか家庭のことは話したがらず

どこから新宿に来たのかも言わなかった

一番仲のいい同じような仲間の女の子の

おばさんのうちで厄介になっているという

おばさんは新宿で小さなスナックをやっているらしく

そこで寝泊まりをしているが

その友達の女の子の彼氏もそこの部屋で暮らしていて

彼氏と一緒の布団に寝ている横で寝ていると言っていた

おばさんはきれい好きな人で部屋の掃除を完ぺきにしさえすれば

そこにずっと、泊めてもらえるという

話を聞いただけで、女子大生だった私には

おぞましい人間関係だと、恋人同士が寝ている横で

寝ている彼女を気味悪く思ったものだ

 

その、彼女に似ていた

そんなことを母親に対して思う

自分に対する嫌悪感で吐きそうになった