読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害の母

電気釜だから普通にコメをといで

分量分の水を入れる

羽釜の中にメモリがついている

試しに聞いてみる

 

「二合だからこのメモリまで水を入れてるよね?」

すると母は無邪気に驚いたように

 

「え?そんなメモリがついていたの?

知らなかったわ~」

 

「この電気釜、章ちゃんが買って送ってくれたんでしょう?

もう、10年前くらいだったと思うけど

お母さんに送ったって、なんか聞いたような気がする」

 

章っていうのは三歳下の弟だ

 

「そうよ」

 

「使い方、ついていたでしょう?

取扱説明書!」

 

「ついてたわよ

ほら、そこにある」

 

説明書はわかりやすいところに置いてあった

 

「読んだ?」

 

「ううん。読んだことない」